引っ越し後の近隣へのあいさつ

挨拶はそもそも必要なのか

引っ越しの挨拶は、当たり前の常識としてこれまで考えられてきました。ただ、考え方や時代の変化で必ずしも常識とは言えない風潮もあります。都市部を中心に人間関係が希薄になっていると言われますが、他人に合わせることなく自分のペースで生活したいという願望の表れでもあります。
また、引っ越しの挨拶が原因で色々な個人情報を聞き出されてしまったりストーカー被害に発展するという事態も現実には起こっています。安易に仕事などを伝えて留守にしている時間が分かってしまうと、それだけ空き巣被害の危険性も上がってしまいます。何があるか分からないという観点で過度な挨拶を控える、もしくはあえて個人情報を伝えないように注意します。

具体的な挨拶の方法は?

挨拶をする場合は、闇雲ではなくまず時間帯を考えないといけません。早朝や夜遅くは迷惑をかけてしまう可能性が高いですし、火を使う夕食準備の時間帯も好ましくありません。これらの時間帯を避けて、一気に挨拶するとスムーズではあります。
手土産に関しては、絶対に必要という訳ではありません。特に住宅密集地に引っ越す場合は手土産だけで出費が大幅に増えてしまいます。経済的に余裕がある場合や挨拶する場所が少ない場合は手土産を購入するのも良いです。
挨拶をする範囲ですが、可能であれば目に見える範囲内全てが望ましいです。A宅には挨拶したのにB宅には挨拶がないなどの評判が広まってしまうとイメージも悪くなってしまうので注意します。

釧路の賃貸では、充実したセキュリティが整っている物件も多く存在し、小さな子供がいる世帯や女性の一人暮らしなどに最適です。