札幌での賃貸マンション選びのポイント

札幌で家を探す、最初の行動

札幌で賃貸物件探しをするのであれば、必ず避けて通れない問題があります。「冬対策」です。
はっきり言ってしまうと、冬のバス、JRは遅延が発生します。雪の量だけではなく、前日の夜に氷点下を記録すると、道路が凍り付いてしまい、タイヤが滑って交通網が麻痺します。そして毎年、必ず一度はこの事態に遭遇します。
ですので、あらかじめ対策を講じておいたほうが良いです。住まいはできれば地下鉄駅の近隣で探すほうが良いでしょう。電車待ちの際も、JRとは違って寒いホームで待機せずに済みます。
そしてガスの違いにも注目してください。プロパンガスしかない物件はなるべく避けるほうが良いでしょう。暖房費が膨れ上がってしまいます。日常生活においても、プロパンガスはかなり高額です。できるだけ都市ガス物件を選びましょう。

札幌は、冬乗り越えれば問題ない?

冬の対策が万全であれば、札幌はほとんど問題なく住むことができる街です。
しかし、気を付けたいのは物件の周辺や住民です。札幌は学生も多いので、深夜騒音、楽器の演奏などがトラブルの原因になることもよくあります。さらに、主要幹線道路沿いの物件は騒音もありますが、治安もあまり良いとは言えません。事前にチェックして、安全かどうかを確認しておきましょう。
まず、マンションであれば共有部分、ポスト、ゴミ捨て場の個所を必ずチェックしてください。そこが汚れていたりする場合は、住民のマナーが悪い可能性があるので気を付けたほうが良いでしょう。さらに夜、物件の周辺を確認してください。騒音がしたり、人通りが少ないなど、不安な要素を発見した場合は、別な物件を探しましょう。